アントシアニンの目への効果・効能と含有量の多い食品

アントシアニンの目への効果・効能と含有量の多い食品

アントシアニンの目への効果・効能と含有量の多い食品

目の健康に効果のある食品として知られるブルーベリー。そのブルーベリーに豊富に含まれている成分が「アントシアニン」です。

今回は、アントシアニンの目への効果・効能についてまとめます。

アントシアニンとは

アントシアニンとは、抗酸化作用の高いポリフェノールの一種で、フラボノイド系の色素成分です。紫、赤紫、青紫色の植物に含まれる天然色素で、現在400種類以上が確認されています。

人の老化は活性酸素がDNAや体細胞を傷つけることで進んでいきますが、ポリフェノールなどの抗酸化物質の豊富な食品がアンチエイジングに効果的ということで注目されています。

ポリフェノールの中でもアントシアニンは、古くから「目に良い効能がある」「ブルーベリージャムを食べていると視力が回復する」と言われ、民間療法に用いられてきました。

アントシアニンの効果・効能

アントシアニンの目への効果・効能

目の網膜には光や色を受容し識別する細胞があり、その細胞ではロドプシンという物質が光や色を受け取って電気信号に変換しています。ロドプシンは光の刺激で分解と再合成を繰り返しており、ロドプシンの分解・再合成が順調に行われている間は、ものが明るくはっきりと見えます。

ところが老化や目の酷使が原因で、分解のスピードに再合成のスピードが追いつかなくなってしまうと、「目のかすみ」「眼精疲労」「暗い場所での視力低下」等の症状が現れることがあります。

アントシアニンには、そのロドプシンの再合成を活性化する働きがあります。それによって、目の疲れの予防、改善という効能があります。また、ロドプシンは光や色に反応するため、特に暗い場所で見えにくい場合の視力回復効果があります。

若い頃に較べて夜の運転で標識が見えにくくなったと感じる中高年は多いものです。そのような人にアントシアニンの摂取はたいへん効果的です。

また、アントシアニンには、毛細血管を強くし血流を良くする効能もあります。毛細血管が無数に張りめぐらされている網膜では、血流の良さは視力や目の健康に大きく影響します。

そのほか、アントシアニンにはダメージを受けた肝臓の機能回復、動脈硬化、高血圧、心筋梗塞、脳血管障害を予防する効果もあります。

アントシアニンを含む食品

アントシアニンは紫、青紫、赤紫の天然色素です。したがって、色が濃い食品ほどアントシアニンの含有量が多いといえます。

目に良いアントシアニンの含有量が多い食品といえばブルーベリーが有名ですが、カシスやブルーベリーの原種といわれるピルベリーには、ブルーベリーの2〜5倍のアントシアニンが含まれていることが分かっています。

ブルーベリー、カシス、ビルベリーなど、アントシアニンの多い食品には、各種ビタミンも多く含まれています。

その他、ぶどう、紫いも、黒豆、赤じそ、ナスにも多く含まれています。

アントシアニンの摂取量

眼精疲労や視力回復に効能があるとされる1日の摂取量は、30mg〜60mg、40mg〜90mgなど諸説ありますが、だいたい50mgほどを目安に摂取すればよいでしょう。

生のブルーベリーの場合、季節や産地によってアントシアニンの含有量は変化するので正確な値は出せませんが、毎日100g以上の摂取が求められます。カシスやピルベリーでも毎日40g以上です。

これらの果物は生で売られる期間も限られるため、乾燥品やサプリメントを求める方が効率良く摂取できます。