アスタキサンチンの目への効果・効能と副作用 | 含有量の多い食品

アスタキサンチンの目への効果・効能と副作用 | 含有量の多い食品

アスタキサンチンの目への効果・効能と副作用 | 含有量の多い食品

抗酸化効果のあるカロテノイドの中で、特に強力な効能が認められ近年注目されているのがアスタキサンチンです。

今回は、アスタキサンチンの目への効果・効能と副作用についてまとめます。

アスタキサンチンとは

アスタキサンチンは、高い抗酸化作用を持つことで知られるカロテノイドの一種です。水中にあるヘマトコッカスという藻に豊富に含まれており、その藻をオキアミなどの動物性プランクトンが食べ、さらにそれを食べる生物の体に取り込まれています。

アスタキサンチン含有量の多い食品の特徴は、熱しても赤い色が保たれることです。常温で赤く、熱しても赤い色が変わらないサケの身やイクラ、鯛の皮などにはアスタキサンチンが多く含まれています。常温で赤くても、熱すると赤くなくなるマグロやカツオにはアスタキサンチンは多くありません。

常温で赤くなくても熱すると赤くなるエビやカニも、アスタキサンチンの含有量が多い食品です。ただし、エビとカニのキトサン、アスタキサンチンは殻や甲羅に多いため、身だけ食べても摂取量は多くなりません。

アスタキサンチンの目への効果

アスタキサンチンの目への効果・効能

βカロテンなどカロテノイドの多くは脂溶性なので、細胞膜に吸着して抗酸化効果を発揮します。それに対してアスタキサンチンは脂にも水にもなじむため、細胞膜だけではなく細胞全体を酸化から守ることができます。

目は大変デリケートな器官なので、「血液網膜関門」というフィルターがあり、不用なものは入ることができない仕組みになっています。多くのカロテノイドはそこで弾かれてしまいますが、アスタキサンチンは「血液網膜関門」を通過して、目の中でダイレクトに抗酸化効果を発揮することができます。

目の細胞全体に抗酸化効果を発揮するアスタキサンチンを毎日5mg、1ヶ月摂取することで、ピント調整力の改善やピント調整時間の短縮がみられ、眼精疲労の症状を改善する効能が認められたという研究報告があります。

また、目は紫外線を直接浴びる器官です。紫外線のダメージが影響する目のトラブルには、黄斑変性症、白内障、ぶどう膜炎などがありますが、アスタキサンチンは紫外線の影響で発生する活性酸素を消去する効果が高いので、これらの病気を予防する効能もあると考えられています。

アスタキサンチンの摂取

アスタキサンチンは、1日に2〜6mg摂るのが適当とされています。アスタキサンチン含有量の多い紅サケでも2.5〜3.7mg/100gですので、食品だけで毎日2〜6mgを摂るのは難しく、サプリメントを用いるのがお勧めです。

アスタキサンチンの副作用

現在のところ、アスタキサンチンの摂取による目立った副作用の報告はありません。しかし、エビやカニの摂りすぎでアレルギーが出ることなどは考えられます。

また、副作用とは異なりますが、他のカロテノイド系サプリメントと併用すると、消化管での吸収が妨げられる可能性があるため、他のサプリメントと併用する場合は注意が必要です。

まとめ

今回は、アスタキサンチンの目への効果・効能と副作用についてご紹介しました。

アスタキサンチンは抗酸化作用が強く、視力低下の防止やアンチエイジング、疲労回復などにも効果が高いとされている成分です。通常摂取する範囲では目立った副作用もありませんので、ぜひ積極的に摂取するようにしましょう。