眼精疲労の症状と原因 | 頭痛・めまい・肩こり・吐き気等の治し方

眼精疲労の症状と原因 | 頭痛・めまい・肩こり・吐き気等の治し方

眼精疲労の症状と原因 | 頭痛・めまい・肩こり・吐き気等の治し方

パソコンやスマートフォンを使う機会の多くなった近年、目の疲れが原因で頭痛やめまい、肩こり、そして吐き気までも訴える人が増えています。

今回は、現代病ともいえる眼精疲労の原因、症状、治し方についてまとめます。

眼精疲労とは

目が疲れると、目がショボショボして開けているのが辛くなる、目の奥が重い感じがするなどの不快感があります。そのような疲れ目の治し方は、十分な睡眠を取るなど目をしっかりと休ませることです。

しかし、目をいたわらずに酷使しつづけると、だんだんと目の疲れがとれにくくなっていきます。そして、頭痛や肩こり、めまい、吐き気など、目以外の様々な身体症状も出てきます。

このような目の疲れによる様々な症状のことを、「眼精疲労」といいます。

眼精疲労の原因

眼精疲労による頭痛・めまい・肩こり・吐き気の原因

1.目の酷使

昔から、アクセサリー工芸や時計の修理など、手先を使う細かい仕事で常に目を酷使している人が眼精疲労を訴えるケースは多くありました。

今はそれに加えて、パソコンを使った事務作業、コンピューターゲームなど、目に負担のかかるディスプレイを長時間見続けている人の眼精疲労が増えています。

2.精神的ストレス

それほど目を酷使していなくても、精神的なストレスやうつ病が原因で眼精疲労になる場合もあります。

自律神経の不調によって目の周辺の筋肉の緊張し、血行障害によって目に不快感を感じるのです。

3.加齢による老眼

老眼では、だんだんと近くのものにピントが合わせにくくなります。その過程で、無理に近くにピントを合わせようと無意識に目を酷使してしまい、眼精疲労にを起こすことがあります。

同様に、メガネやコンタクトレンズの度が合わなくなった時や、視力が低下するような眼疾患の場合も、無理に見ようと目を酷使して眼精疲労になることがあります。

眼精疲労の症状

目の疲れを放置していると、肩こりや頭痛、さらにめまいや吐き気といった全身症状が現れ、日常生活に支障をきたすようになります。

眼精疲労になると目の周りの筋肉の緊張が慢性化します。すると、それが頭や首・肩の筋肉の緊張につながり、締め付けられるような頭痛、首の後ろの痛み、肩こりといった症状が現れます。

さらに、目の酷使を続けて眼精疲労が悪化すると、全身の倦怠感、めまい、吐き気などを感じるようになります。ここまで悪化した場合には、少し目を開けているだけで辛くなってしまうため、正常な生活が困難になります。

眼精疲労の治し方

眼精疲労の症状と原因の治し方

多くの場合、眼精疲労はしっかりと目を休める時間をとることで改善します。しかし、中には眼病が原因となっていることもありますので、できるだけ眼科医を受診するようにしましょう。

眼科医を受診すると、まず、眼病の有無をチェックします。もし網膜剥離や白内障など、原因となる眼病がある場合は、その治療を行います。

眼病が原因ではない場合、視力の矯正を行います。これは、眼精疲労患者の多くに「メガネやコンタクトレンズの度が合っていない」「老眼で視力が悪化した」といった原因があるためです。視力の矯正は眼精疲労の治し方の中で大変重要です。

その上で、目の疲れをやわらげる点眼薬、ドライアイ用の点眼薬などが処方されるので、用法を守って点眼します。

その後は、患者本人が今までの生活を見直し、原因を取り除いていくことが何より大切です。仕事の合間に目を休ませる時間をしっかり取る、眼球体操をするなど日々の目への負担を軽減するよう心がけていきましょう。

まとめ

今回は、眼精疲労の症状と原因、治し方についてご紹介しました。

眼精疲労の症状は目の疲れや痛みだけでなく、頭痛やめまい・肩こり・吐き気などの身体の様々な部位に現れます。

症状がある場合には、慢性化することがないよう、早めの対策を心がけるようにしましょう。