白内障・緑内障・老眼等 | 老化に伴う視力低下・目の病気の症状

白内障・緑内障・老眼等 | 老化に伴う視力低下・目の病気の症状

白内障・緑内障・老眼等 | 老化に伴う視力低下・目の病気の症状

年齢を重ねるにつれて体の様々な部位に衰えが現れますが、目も同様です。視力の低下や白内障、緑内障といった目の病気にもかかりやすくなっていくことが知られています。

今回は、老化に伴う白内障・緑内障・老眼等の症状についてまとめます。

老眼は生理的な衰え

本を読んでいる時にふと窓の外を見ると、外の景色にすぐピントを合わせることができます。それは、目の調節機能が働いているからです。

目の調節は、水晶体の周りにある毛様体筋が緩んだり縮んだりして水晶体の厚みを変えることで行なわれます。けれども、40代になったころから徐々に毛様体筋の力が衰え始め、水晶体の弾力も失われていきます。すると、毛様体筋が縮んで水晶体を厚くすることが難しくなっていくため、近くのものにピントが合わせられなくなっていきます。それが、「老眼」です。

近くのものがはっきり見えなくなるため、距離を離して見るようになります。ピントが合わなくなっているのに無理に近くのものを見ようとして眼精疲労になる人も多いようです。自分の目に合った老眼鏡を作る等して、生活の質を落とさないようにしましょう。

水晶体が濁る白内障

老化に伴う視力低下・目の病気 白内障の症状

水晶体は透明で光をよく通します。けれども、老化にともない水晶体のタンパク質が変質し、白く濁っていきます。そうして、しだいに視力低下などの症状が現れる目の病気が「白内障」です。

水晶体が濁ると、「目がかすむ」「細かい字が読みにくい」「光を眩しく感じる」などの症状が出ます。水晶体の濁りは誰にでも起きる老化現象ですが、水晶体が濁る時期や濁る速度には個人差が大きく、50代で手術が必要になる人がいれば、一生手術をしないで済む人もいます。

視力低下で日常生活が不便になってきた場合は、手術を受けて白内障を解消することができます。白内障の手術は、濁った水晶体を取り除き、人工の眼内レンズを入れるというものです。この手術は医療機器の発達と健康保険の適用により、たいへん安全で手軽にできるようになっています。

通常の白内障手術では、眼内レンズは一点しかピントが合わせられないため、術後に老眼鏡が必要です。けれども、近年、多焦点の眼内レンズ(健康保険適用外)が開発され、手術後にほとんどの日常生活を眼鏡なしで過ごすことが可能になりました。つまり、白内障の手術を行うことで老眼の不便もかなり解消できるということです。

老化に伴う目の病気 白内障の症状

緑内障は視神経のトラブル

ものが見えるには、視神経が網膜に写った情報を脳に伝達する必要があります。何らかの原因で視神経が傷害を受けると、その部分の視野が欠けてしまい、場合によっては失明してしまうこともあります。

緑内障は、眼球内で一定レベルが保たれている眼圧が高くなることで視神経が圧迫を受ける、または視神経が弱くなるなどで機能しなくなる目の病気です。加齢とともに罹る割合は増え、40代以上の日本人の20人に1人は緑内障といわれており、中途失明原因の第一位となっています。

視野が多少欠けていてももう一方の目の情報で補うことができるため、視力低下等の自覚症状がでないまま進行していくのが緑内障の怖いところです。緑内障と診断された場合は、薬物療法、レーザー療法、手術などの治療方法がありますが、いずれも進行を抑えるためのもので、失った視神経の機能を回復させることはできません。

まとめ

今回は、老化に伴う視力低下・目の病気の症状についてご紹介しました。

多くの人が「自分はまだまだ若い」と思っている40代から、目の老化は始まっています。特に、緑内障は自覚症状がないまま進行していき、失明に至ることもある怖い目の病気です。定期的に検査を受け、大切な目を守る意識を持ちましょう。