白内障の症状と原因・予防改善 | 薬や手術による治療と費用について

白内障の症状と原因・予防改善 | 薬や手術による治療と費用

白内障の症状と原因・予防改善 | 薬や手術による治療と費用について

「なんだか物がかすんで見える」「晴れた日に外にでると眩しくて目を開けていられない…」。そんな症状は、もしかすると白内障が原因かもしれません。

ここでは、白内障の症状・原因と、治療にかかる費用等についてまとめます。

白内障とは

白内障とは、目の「水晶体」が濁る病気です。黒目が白濁して見えるので、昔は「しろそこひ」と呼ばれていました。

眼球の中で、カメラのレンズに当たるのが水晶体です。若い頃の水晶体は無色透明で光をよく通すため、視界がクリアです。けれども40代になると、水晶体を構成するたんぱく質が変化してくるために少しずつ白く濁り始めます。これは髪が白髪になるような老化現象の一つで、命に関わるようなものではありません。白濁が進むにつれ、曇りガラス越しに外を見るように視界が悪くなっていきます。

また、老化以外の原因、例えば目のケガ、糖尿病やアトピー性皮膚炎の影響、長く服用している薬の副作用などが原因で白内障になる場合もあります。

白内障の予防

白内障の症状・原因とは

水晶体の白濁は、老化現象の一つです。老化現象を完全に予防することはできませんが、生活習慣によって多少予防できる面もあります。

水晶体は紫外線の影響を受けやすいため、加齢による白濁を予防するには、目に入る紫外線の量を少なくすることが良いとされています。日射しの強い戸外に出る時は、帽子をかぶる、サングラスかける等の対策を講じましょう。

白内障の治療

眼科医から白内障と診断されたものの、まだ生活に支障がない場合には、点眼薬や内服薬での治療を行います。これは、白濁の原因となるタンパク質の変性を予防して症状の進行を遅らせるための治療なので、症状を改善するわけではありません。

点眼薬などで治療をしていても白内障は徐々に進行していきます。そのうち物がぼやけて様々な作業ができなくなったり、視力が0.7以下で運転免許の更新ができなくなるなど、生活に支障が出てくるかもしれません。そのような場合には手術で白内障を治すことになります。

白内障の手術

白内障の手術では、濁った水晶体を取り除き、代わりに眼内レンズを入れることで水晶体の白濁を解消します。

白内障の手術は成功率が高く、90代でも可能ですが、糖尿病網膜症や緑内障がある場合は手術ができないこともあります。成功率が高いといっても眼球にメスを入れる手術ですので、実績があり信頼できる眼科医を選びましょう。

手術を行うと、今まで曇っていた視界がクリアに改善し、ほとんどの方が大変感激するそうです。ものがよく見えるようになって認知症が改善したという報告もあり、生活の質を大きく改善することになります。

手術の費用

白内障の手術治療にかかる費用

気になるのが手術の費用です。

白内障の手術は、大きく分けて健康保険が適用される一般的なものと、自己負担となる先進医療のものがあります。

1.保険適用の場合

単焦点眼内レンズを使用します。費用は保険適用なので、片眼の手術費用は、3割負担の場合で約5万円、1割負担の場合で約2万円程となります。それに加えて入院の場合は入院費用がかかります。

また、術後は焦点が固定となるため、他の焦点のものを見るためのメガネが必需品となります。

2.保険適用外の場合

先進医療ではメガネの使用が少なくて済む、多焦点眼内レンズを使用します。多焦点眼内レンズには遠・近2焦点のもの、遠・中・近3焦点のものがあり、乱視にも対応できます。

費用は、片眼で約30万円〜約60万円程とかなり高額ですが、水晶体の白濁を解消するだけではなく老眼も緩和できるので、術後の生活の質をより高めることができます。

まとめ

今回は、白内障の症状・原因と、手術治療にかかる費用等についてご紹介しました。

白内障の手術は保険適用なら比較的安く簡単に受けられます。くすんだ視界に苦痛を感じる場合には、早めに医師に相談することをお勧めします。