近視・遠視・乱視とは | 視力低下の原因と見え方の違い、治療方法

近視・遠視・乱視とは | 視力低下の原因と見え方の違い、治療方法

近視・遠視・乱視とは | 視力低下の原因と見え方の違い、治療方法

目は人間にとって最も重要な感覚器官の一つです。人間が外界の情報を得るためには、視覚からの情報が実に9割ほどを占めるといわれています。

そのため、目の状態になんらかのトラブルがあると、生活の質を大きく低下させる原因になります。ここでは、一般的な視力低下症状である近視、遠視、乱視の症状の違いや原因、治療方法についてまとめます。

視力低下の症状

カメラと違い、目は外界の光をレンズではなく角膜と水晶体を通して取り込み、網膜に写します。その際、ピントが合っていればハッキリした像が結ばれますが、ピントが合っていないとぼやけた像になってしまいます。

近視、遠視、乱視とは、カメラのレンズに当たる水晶体がピントを上手に合わせられなくなり、見え方に不具合が起こる視力低下の症状です。

遠くがぼやける「近視」

若者の視力低下で圧倒的に多く見られるのが、遠くがぼやけて見える近視です。遺伝的な要素もありますが、それ以上に環境要因が大きいと考えられています。

長時間本を読む、スマホを見るなど、近くのものばかりを見続けていると、ピントを近くに合わせるために水晶体を膨らませている状態が慢性化します。そして、遠くのものにピントを合わせるために水晶体を薄くする能力が衰え、遠くのものがぼやけるようになります。

視力低下の原因となる近視とは

初期の近視は「仮性近視」といわれ、視力トレーニング等の方法で回復できる可能性が高い時期です。けれども、その段階で回復ができなければ「真性近視」といって、眼球自体が前後に膨らみ、視力を回復することが難しくなります。

近視を放置しているとますます近視を悪化させ、遠くがぼやけて日常生活に支障をきたしたり、無意識に目を凝らして疲れ目になり体調を崩す等の悪影響があります。初期段階であれば視力回復トレーニング等が有効な治療方法になり得ますが、同時に、自分の度に合ったメガネやコンタクトレンズで視力を矯正するようにしましょう。

近くがぼやける「遠視」

近視とは逆に、遠くがよく見えて近くのものがぼやけて見えるのが遠視です。原因も近視と逆で、水晶体の膨らみが少ないために像が網膜より後ろで結ばれてしまうことによります。(そのため、正確には近くにも焦点が合っていません。)

遠視は近視と違い、遺伝的要因が強いと考えられています。弱度の場合は近くもそれなりに見え、視力検査ではたいへん良い結果が出るので、「目がいい」と言われることもあります。気がつかないで矯正せずにいると症状が進みやすいので、できるだけ早くメガネやコンタクトレンズで矯正することが大切です。視力が2.0以上の場合は遠視の可能性に留意しましょう。

近くがぼやけるという症状が同じなので遠視と間違いやすいのが、加齢による老眼です。

視力低下の症状の原因となる遠視とは

不規則にぼやける「乱視」

乱視とは、眼球の一番外にある角膜の凸凹によって、見え方が不規則にぼやける症状のことです。実は、ほぼすべての人に多かれ少なかれ乱視がありますが、程度が軽い場合、水晶体や脳で無意識に調整しているために気がつきません。

また、若いうちは調整が有効に働くため見え方に不満がなくても、年齢が高くなるにつれ調整が効かなくなってきます。乱視についても、メガネやコンタクトレンズで矯正することで日常生活を楽にすることができます。

放置せずに治療・矯正を

今回は、近視・遠視・乱視など、視力低下の原因と見え方の違いについてご紹介しました。

いずれの症状も、治療せずに放置していると度が進んでしまい、肩こり・頭痛などの身体症状の原因になることがあります。

また、眼病が原因になっていることも考えられますので、まずは目の病気がないか眼科でしっかりとチェックして、適切な方法で治療や矯正を行うようにましょう。