弱視とは | 子供の視力が弱い斜視等の原因と治療方法

弱視とは | 子供の視力が弱い斜視等の原因と治療方法

弱視とは | 子供の視力が弱い斜視等の原因と治療方法

人間は生まれた直後はぼんやりとしかものを見ることができず、6歳頃までに概ね視機能の発達が完了します。この時期に、何らかの原因で視力の正常な成長が妨げられると「弱視」となってしまいます。

今回は、子供の弱視の原因と治療方法についてまとめます。

弱視の定義

弱視とは、視力が弱く、メガネなどで矯正をしても視力が十分に出ない状態をいいます。弱視には視力が弱いだけではなく、斜視や左右の見え方の違い、色の区別がつかない、視野が狭いなど、さまざまな見え方の障害が含まれます。

子供の視力が整う3〜4才頃までの間に何らかの理由で発達が阻害され、正常な視力を得られずに弱視になる場合と、視力が完成してからの様々な目の病気が原因で弱視になる場合がありますが、ここでは前者の子供の弱視について解説します。

子供の弱視の原因と対処法

子供の視力が弱い弱視の原因と治療方法

子供の弱視は、原因別に4種類に分類されます。

1.形態覚遮断弱視

一方の眼が先天性白内障であったり、まぶたが生まれつき下がっていて眼が開けられないなど、左右のバランスが著しく偏っている場合は弱い方の視力が育ちにくくなるため、弱視になってしまいます。

先天性白内障は生後6〜10週間以内の手術による治療で、弱視を回避することができるようになりました。また、まぶたが下がっている眼瞼下垂も早期の手術で治療が可能なので、先天的な原因の形態覚遮断弱視のほとんどは治療によって未然に防ぐことができます。

一方、視力が発達している途中、眼をケガしたり結膜炎で腫れてしまうことが原因で眼帯を着けることがあると、片眼の視覚入力が遮断されてしまい弱視になることがあります。これは人為的な原因の弱視です。乳幼児が眼帯を着けると数日で弱視になる可能性があるため、現在は乳幼児には極力眼帯をつけないように指導されています。

2.斜視弱視

眼にも「利き目」がいつのまにかできますが、利き目ではない方の視力がうまく発達しない場合を「斜視弱視」といいます。

人間の脳は、左右の眼から入ってきた像を自動的に計算して立体感、距離、深さを認識します(両眼視)。この機能は、2才頃までに獲得されるのですが、何かの原因で発達が遅れて両眼視が十分に機能しないと斜視になります。すぐに分かるのは、左右の目の位置がずれている場合です。

斜視弱視の子供は、どうしても利き目の方ばかりで物を見ようとするため、あごを上げて見たり、斜めから見たりする様子が気になって発見されます。

両眼視の機能は2才頃に急速に発達します。この時期を逃してしまうと8〜10才までなら多少の改善は見込めますが、それ以降の回復方法は、ほぼなくなってしまいます。

3.不同視弱視

不同視弱視とは、片目が強い遠視や近視で、もう片方の目が正常な場合に起こります。斜視弱視と違い、片眼の屈折率トラブルだけが原因です。

このように、左右の屈折バランスが悪い場合は、できるだけ早い段階に適切な眼鏡で矯正する方法で弱視を防ぐことができます。

4.屈折性弱視

屈折性弱視とは、両眼ともに強い遠視や近視・乱視がある場合をいいます。

このような場合にはできるだけ早い時期に眼鏡での矯正方法を実行することが大切です。子供のうちであれば、眼鏡でしっかりとものを見ることで徐々に視力は発達していきます。

早期の発見が鍵

今回は、子供の弱視の原因と治療方法についてご紹介しました。

視力の発達には臨界期があるため、できるだけ早い時期に弱視を発見して正しい方法で矯正することが、障害を克服する鍵となります。