目がかすむ・視界がぼやける原因 | 目が見えにくい病気と対策

目がかすむ・視界がぼやける原因 | 目が見えにくい病気と対策

目がかすむ・視界がぼやける原因 | 目が見えにくい病気と対策

「目がかすむ」「視界がぼやける」といった症状を感じる場合、どのような原因や病気が考えられるでしょうか?

今回は、かすみやぼやけによって目が見えにくい時の原因と対策についてまとめます。

見えにくいトラブル

朝起きてから夜眠るまで、私たちは目から外界の情報を絶え間なく得て暮らしています。その大切な目が見えにくいと、生活全体に影響が出てきます。目がかすむ・視界がぼやけるといった症状の他、無理に見ようとするために目が疲れやすくなり、頭痛や肩こりの原因にもなりかねません。

いつのまにか眼精疲労が蓄積したり、重大な病気が原因となっている可能性もありますので、早めに対策を講じるようにしましょう。

ピントが合わない

目がかすむ・視界がぼやける等の目が見えにくい原因

「視界がぼやける」という場合、まず考えられるのが“目のピンぼけ”による視力低下です。

近視・乱視・老眼

20才未満で遠くの視界がぼやけるという場合は、近視か乱視が進んだという可能性があります。逆に、40才以上で近くのものがぼやけるという場合は、老眼が始まった可能性を考えましょう。

ピントが合わなくなってきても、はじめは無理をしてものを見ようとするため、視界がぼやけるという症状よりも目の疲れの方が早く自覚されることも多いのが特徴です。

ほとんどは眼鏡やコンタクトレンズによる矯正や、レーシック、フェイキックIOLなどの矯正手術で解決できます。

スマホ老眼

近年スマホを始終見続ける人が若者を中心に増えています。そのような人がスマホから目を離したときに、視界がぼやけてみえるという症状が問題になっており、「スマホ老眼」と呼ばれています。

スマホを見ないというのが根本的な対策ですが、回復したからといってスマホを再び長時間使うようになるとすぐに再発してしまいます。スマホを使用する際は、こまめに目を休めながら必要最低限の使用に留めましょう。

目がかすむ

目がかすむ・視界がぼやける原因となる病気と対策

視界に何か膜がかかったようにくもって見える場合は、いわゆる「かすみ目」です。

白内障

50代以上の方で、目がかすむ症状を感じた場合、特に可能性が高いのが白内障という目の病気です。

白内障は、目の水晶体が濁る病気です。透明な水晶体が濁るので、曇った眼鏡で見るようにものが霞んで見えるようになります。また、晴れた日に外に出ると、大変まぶしく感じます。多くは加齢が原因ですが、病気や薬の副作用でも白内障になることがあります。

白内障と診断された場合、当面は点眼薬で症状の進行を抑えるのが対策です。もし運転免許証の更新ができないなど、日常生活に何らかの支障が出てきた場合は手術で治療します。白内障手術は日帰りでもでき、一般的に行われている比較的安全性の高い手術です。

眼精疲労やドライアイ

目がかすむだけではなく、ショボショボしたり、目が重く疲れる感じがする場合は、眼精疲労ドライアイが原因かもしれません。また、コンタクトレンズによる不調の可能性もあります。

汚れがついたコンタクトレンズを使い続けていると、角膜に傷がつき、その傷から細菌が入って炎症を起こすことがあります。場合によっては感染性結膜炎という失明につながる重大な病気につながるので、注意が必要です。

まとめ

今回は、目がかすむ・視界がぼやける原因と対策についてご紹介しました。

目が見えにくい原因は上で述べたようなものが多いですが、中には緑内障や糖尿病性網膜症といった重い病気が原因ということもあります。

症状が続くようであれば、念のため眼科医でチェックをしてもらい、早めの対策をとるよう心がけましょう。