目がかゆい原因となる病気 | まぶたや目のかゆみの対処法・目薬

目がかゆい原因となる病気 | まぶたや目のかゆみの対処法・目薬

目がかゆい原因となる病気 | まぶたや目のかゆみの対処法・目薬

目のかゆみは、とてもつらい症状です。だからといって目を掻くのはいけないということは常識ですね。では、目のかゆみに対する正しい対処法はどのようなものでしょうか?

今回は、目がかゆい原因となる病気と対策についてまとめます。

目がかゆい原因

目がかゆい、まぶたがかゆいという症状には、大きく分けて2つの原因があり、対処法は大きく異なります。

一つは、アレルギー性疾患が原因の場合です。花粉症などのアレルギー性結膜炎がこれにあてはまります。

もう一つは、ウイルスや細菌による炎症が原因の場合です。ものもらいや細菌性結膜炎がこれにあてはまります。

アレルギー疾患による目のかゆみ

まぶたや目がかゆい原因となる病気:アレルギー疾患

アレルギー疾患は、通常からだにとって害のない花粉やハウスダスト、食べ物などを異物と認識し、免疫細胞が排除しようとして抗体が作られる病気です。

アレルギー疾患による代表的な目の病気は、アレルギー性結膜炎です。目の一番外側にある結膜に空中を浮遊するアレルゲンが付着すると、ヒスタミンなどの科学伝達物質が放出されます。すると、知覚神経や血管が刺激されて、「目がかゆい」「まぶたがかゆい」「目が充血する」「目がゴロゴロする」などの症状が出ます。特に、がまんできない目のかゆみがアレルギー性結膜炎の特徴です。

アレルギー性結膜炎の対処法は、まず原因となるアレルゲンを特定することです。

毎年春になると、どうしようもなく目がかゆい、まぶたがかゆいという症状に悩まされる場合は、スギやブタクサなどの花粉がアレルゲンの花粉症が考えられます。花粉症は季節性アレルギー性結膜炎ですが、通年性のアレルギー性結膜炎は、ハウスダスト、動物の毛、食物アレルギーなどが原因となります。

アレルギー性結膜炎の対処法は、抗アレルギーの目薬で症状を抑えながら、できるだけアレルゲンを避けることです。花粉症の場合は、花粉が多い日の外出を出来るだけ避ける、外出する時は花粉症対策眼鏡をかける、帰宅したら上着に付着した花粉を落としてから家に入るなどの対策が有効です。

炎症による目のかゆみ

炎症によるまぶたや目のかゆみの対処法・目薬

結膜が細菌やウイルスに感染し炎症を起こす病気を、感染性結膜炎といいます。感染性結膜炎では、「目がかゆい」「まぶたがかゆい」といった症状のほかに、「まぶたの腫れ」や「充血」があるのが特徴です。

細菌性結膜炎は、黄色ブドウ球菌、インフルエンザ菌、肺炎球菌などが感染する目の病気です。感染力は強くないものの、直接原因菌に触れた手で目を擦る、目に傷がある、風邪で抵抗力が弱くなっているといった場合に、感染しやすくなります。

細菌性結膜炎の対処法は、抗菌剤配合の目薬を点眼することです。軽い場合はそれだけで治ることもありますが、細菌の種類によっては抗生剤の内服も必要です。

ウイルスによる感染性結膜炎で最もよく見られるのは、「はやり目」「プール熱」といわれるアデノウイルスの感染によるものです。アデノウイルスは感染力が大変強いため、子供の場合、幼稚園や学校を欠席するよう勧められることもあります。

ウイルス性結膜炎の対処法は、ウイルスに抗生剤が効かないため、非ステロイド性抗炎症剤配合の目薬またはステロイド剤配合の目薬で目のかゆみを抑えることです。ウイルス性結膜炎は、だいたい3週間から1ヶ月で治ります。

まとめ

今回は、まぶたや目のかゆみの原因と対処法についてご紹介しました。

目がかゆい・まぶたがかゆいという症状には様々な原因が考えられます。まずは眼科医で原因をしっかり突き止め、原因となる病気に合った治療を行うようにしましょう。