目にいい食べ物まとめ | 視力回復・眼精疲労の解消に効果的な食品

目にいい食べ物まとめ | 視力回復・眼精疲労の解消に効果的な食品

目にいい食べ物まとめ | 視力回復・眼精疲労の解消に効果的な食品

近年、パソコンやスマホの普及で視力低下や眼精疲労に悩む人が急速に増えています。そうした目の悩みを解消するのに効果的な食品とはどのようなものでしょうか。

今回は、「目にいい食べ物」についてまとめます。

眼精疲労の対策

眼精疲労とは、一晩寝ても目の疲れがとれないほど、目に疲労が蓄積している状態です。眼精疲労を放っておくと、目のかすみによる視力低下や頭痛、肩こり、倦怠感など、全身の状態に悪影響が出てしまうこともあります。

眼精疲労を解消し、視力回復をするためには、目を休めることが最も効果的です。けれども、何日もパソコンやスマホを見ずにいることは難しいでしょう。

手軽な対症療法として、目のマッサージや点眼薬で症状を軽くすることが一般的です。また、目にいい食べ物を積極的に摂ることも効果的です。

目にいい食べ物

視力回復や眼精疲労に効果的な目にいい食べ物

視力回復や眼精疲労に効果のある「目にいい食べ物」には下記のようなものがあげられます。

ビタミンA

昔から人参は疲れ目にいい食べ物として知られていました。その理由は人参にβカロチンが多く含まれているからです。βカロチンは体内でビタミンAに変化し、目にとって重要なタンパク質の生成に使われているため、眼精疲労によるかすみ目の視力回復に効果があります。

βカロチンを多く含む食品は緑黄色野菜です。また、動物性食品でビタミンAを多く含むのは、うなぎ、レバー、卵黄などです。

ビタミンB1

ビタミンB1は、糖質がエネルギーとして脳や神経で使われる時に必要なビタミンです。脳の一部といわれる目にとっても重要であり、ビタミンB1が不足すると視神経が疲れ、目がかすみます。

ビタミンB1が多く含まれている食品は、豚肉、うなぎ、玄米、大豆などです。ご飯を玄米食にすると、たいへん効果的です。

アントシアニン

目にいい食べ物として定着している食品が、アントシアニンを多く含むブルーベリーです。

ポリフェノールの一種であるアントシアニンは抗酸化力が強く、目が光を認識するために使われるロドプシンという物質の再合成を促す働きがあります。そのため、目の疲れの予防や視力回復に効果があります。

アントシアニンを多く含む食品は、ブルーベリーだけではありません。近年は、カシス、ビルベリー、マキベリー、アサイベリーなど、ブルーベリーよりもアントシアニンの含有量の多い果実に注目が集まっています。

ルテイン

ルテインは、目の水晶体、網膜、黄斑部に集中して存在するカロテノイドの一種です。強い抗酸化力で目の老化や疲労から目を守っています。

また、パソコンやスマホから出るブルーライトを吸収する働きがあるため、ブルーライトによる眼精疲労やドライアイから目を守り、低下した視力回復効果も期待できます。

ルテインを多く含む食品は、ケール、ほうれん草、パセリ、ブロッコリー、芽キャベツ、にんじん、かぼちゃ、とうもろこしなどの緑黄色野菜です。動物性食品では、卵黄に多く含まれています。

まとめ

今回は、視力回復や眼精疲労の解消に効果的な食べ物についてご紹介しました。

目にいい成分を多く含む食品としては、緑黄色野菜、うなぎ、レバー類、卵黄、そして、アントシアニンを含むベリー類などが代表的です。

眼精疲労の予防や解消のため、これらの食品を日頃からまんべんなく摂取するようにしましょう。また、食事で十分にとれない場合には、サプリメントで補うのも良い方法です。