目の奥が痛い・頭痛がする原因は眼精疲労? 目の疲れを取る方法

目の奥が痛い・頭痛がする原因は眼精疲労? 目の疲れを取る方法

目の奥が痛い・頭痛がする原因は眼精疲労? 目の疲れを取る方法

目は「脳の一部が外に出ている」といわれるほど、大変デリケートな器官です。そのため、目が疲れると「目の奥が痛い」「頭痛がする」「首や肩がこる」といった様々な身体症状に悩まされます。

今回は、眼精疲労の症状・原因と、目の疲れを取る方法についてまとめます。

眼精疲労とは

眼精疲労とは、目の疲れに伴う様々な症状のことを指します。目の奥が痛い、充血する、視界がかすむ・ぼやけるといった症状の他、頭痛や肩こり、めまい、吐き気など、目以外の部位にも症状が現れることがあります。

近年では、パソコンやスマホを長時間使用する機会が増え、眼精疲労を訴える人が増加しています。

目の疲れを取る方法

眼精疲労による目の疲れを取る方法

ほとんどの場合、眼精疲労の原因は日々の生活の中にありますので、まず生活習慣のちょっとした見直しから目の疲れを取る方法について考えてみましょう。

20分に1度、遠くを見る

ディスプレイを見続ける仕事やスマホの操作時には、まばたきの回数が通常の1/3程にまで減ってしまい、目の疲れや乾燥を助長します。

20分に1度は画面から目を離して1分以上の休憩をとり、窓から外を眺めるなど、遠くのものを見るようにしましょう。

目、首、肩のストレッチ

目のストレッチを行うことも眼精疲労の対策に有効です。休憩時間には下記の簡単なストレッチを取り入れてみましょう。

  • 目をぎゅっと閉じた後に、パッと大きく開く動作を繰り返す
  • 目を大きくグルグルと回し、反対方向にも同様に行う

また、目を酷使していると首や肩の筋肉が緊張して凝ってきます。こまめに首や肩を回す体操を行うようにして血行を促進し、凝りを解消するようにしましょう。

ホットタオルで目を温める

レンジで温めたホットタオルを目に当てて血行を促進することも、目の疲れを取る有効な方法です。

ただし炎症があり、目が充血していたり腫れている場合には、冷たいタオルを当てて炎症を鎮める方が楽になります。

スマホやパソコンのディスプレイの照度を下げる

スマホやパソコンの画面から発せられる光が強いと、目に大きな負担をかけることになります。

長時間にわたって電子機器を使用する場合には、あらかじめディスプレイの照度を下げる設定をしておきましょう。

目薬の使用

眼精疲労対策用の目薬も、様々な種類のものが市販されています。

普段から目の疲れが気になる場合には、こまめに目薬を差すようにしましょう。

目の奥が痛い原因となる病気

目の奥が痛い・頭痛がする時の疲れを取る方法

目の奥が痛い、頭痛がするといった症状の原因は、必ずしも眼精疲労とは限りません。

ものが歪んで見える場合は、急激に眼圧が上がる急性緑内障が原因かもしれません。また、粘性のある鼻水を伴う場合には、副鼻腔炎(蓄膿症)が原因となっている可能性もあります。

病気によっては放置していると失明の危険がありますので、「目の奥が痛い=眼精疲労」と自己判断せず、違和感を感じる際には眼科を受診するようにしましょう。

まとめ

今回は、眼精疲労の原因と目の疲れを取る方法についてご紹介しました。

症状としては「目の奥が痛い」「頭痛がする」といったものが代表的ですが、他の眼病が原因でこのような症状が現れることもあります。

普段から目の酷使に注意するとともに、症状がひどい場合には早めに眼科を受診するようにしましょう。