ホットタオルで目の疲れを取る方法 | 目を温める蒸しタオルの効果

ホットタオルで目の疲れを取る方法 | 目を温める蒸しタオルの効果

ホットタオルで目の疲れを取る方法 | 目を温める蒸しタオルの効果

眼精疲労を防ぐ方法はいろいろありますが、中でもホットタオル(蒸しタオル)で目を温めるのはとても効果的です。

今回は、ホットタオルで目の疲れを取る方法についてご紹介します。

目が疲れる現代人

IT社会の現代は、目にとって過酷な環境といえます。パソコンやスマホを長時間見ることで、目のピントを合わせるための筋肉は凝り固まり、まばたきが少なくなるため乾きやすくなっています。

特にスマホでは、たいへん小さな画面の中で動くものを見ることになります。首から上を固定して凝視を続けるため、目の筋肉だけではなく首や肩も凝りやすくなり、「スマホ首」と呼ばれる首の歪みを引き起こす若者が増えています。

ふつう目の疲れは一晩寝れば解消できるものですが、目の酷使を続けていると、一晩寝ても起きた時から目の疲れを感じる状態(眼精疲労)になります。さらに、眼精疲労を放っておくと、かすみ目、頭痛、肩こり、自律神経失調症など、さまざまな症状に発展し、生活に様々な支障をきたすことがあります。

目の疲れを取るには?

目の筋肉の凝りをほぐす方法といえば、マッサージやストレッチがまず思い浮かぶのではないでしょうか? 目の周囲のツボ押しなども手軽に行うことができます。

目の疲れに効くツボ | 眼精疲労対策に効果的な目の周りのマッサージ
目の疲れに効くツボ | 眼精疲労対策に効果的な目の周りのマッサージ
目の疲れに効くツボ | 眼精疲労対策に効果的な目の周りのマッサージ 頑固な眼精疲労の手軽な対策として、目の周りや手足のツボ押しがあげられます。 ...

ただし、目のツボ押しや眼球体操は意識的に行わなければいけないので、疲れている時は億劫になってしまいがちです。それに較べて、ホットタオル(蒸しタオル)で目を温める方法は、血行を良くするだけではなく全身のリラックス効果も期待できるため、作業等で疲れている時には特におすすめです。

ホットタオルで目の疲れを取る方法

ホットタオル(蒸しタオル)を作るのは簡単です。

  1. タオルを水で濡らし、絞ります。
  2. お皿に載せて電子レンジに入れ、500Wで1分ほど加熱します。
  3. タオルが熱すぎる場合は少し冷ましてください。
  4. 上を向いた楽な姿勢を取り、タオルを目の上に載せます。

目を温めることで血行が良くなり、筋肉の凝りもほぐれます。ホットタオル(蒸しタオル)で目を温めたあとは、驚くほど目が楽になるはずです。

目を温める製品

眼精疲労に悩む人が増えるにつれ、目を温める市販のアイマスク製品が出回るようになりました。

いくつか種類がありますが、レンジで繰り返し使える「あずきのチカラ」などが人気です。

あずきのチカラ目もと用

新品価格
¥570から
(2017/10/8 20:27時点)

まとめ

今回は、ホットタオルで目の疲れを取る方法についてご紹介しました。

目を温めるのは、眼精疲労の軽減にとってたいへん効果的な方法です。スマホ操作やパソコン作業などの合間に、ぜひ習慣として取り入れてみて下さい。