乱視は回復する? 乱視の原因と見え方、検査・治療方法

乱視は回復する? 乱視の原因と見え方、検査・治療方法

乱視は回復する? 乱視の原因と見え方、検査・治療方法

乱視とは

眼は、角膜と水晶体というレンズを通して入った光が網膜に結んだ像を、視神経と脳の作用で画像として認識する器官です。

乱視とは、角膜の不規則な凸凹や角膜と水晶体の歪みなどが原因で、視界がぼやける症状をいいます。

軽度の乱視の場合、水晶体や脳で調整が行われるので自覚できないケースも多いですが、実はほとんどの人に多少の乱視があります。

乱視の種類

一般的に乱視というと、角膜と水晶体の微妙な歪みが原因で起きる「正乱視」のことを指します。正乱視は左右の乱視の軸がほぼ同様で、視界の歪み方に規則性があります。遺伝や眼の使い方の習慣が主な原因とされています。

それに対して、不規則な角膜の凸凹で起きる「不正乱視」は、乱視の軸が不規則です。主に、病気や事故で角膜が傷害されることが原因となります。

正乱視の治療方法はメガネやコンタクトレンズによる矯正、レーシック手術、フェイキックILO手術などから選ぶことができますが、不正乱視の治療方法はハードコンタクトレンズによる矯正にほぼ限定されます。

乱視の検査

乱視の原因と見え方、検査・治療方法

見え方がぼんやりするという場合、近視あるいは老眼と思って眼鏡店に足を向ける方が多いようです。それでほとんど問題は起きないかもしれませんが、初めての場合はまず眼科を受診することをお勧めします。

眼科では眼底検査、眼圧検査など様々な検査によって、何らかの眼病が隠れていないかのチェックが行われ、近視・遠視・乱視などの視力低下についても細かい検査がされるからです。

乱視の場合も、ほとんどの眼鏡店に設置されているオートレフケラトメーターを使っての屈折異常の検査の他に、オーブスキャン(角膜形状解析装置)を使っての角膜の形状把握や、波面センサーを使っての見え方の検査を行うことができます。

これによって、難しい不正乱視の診断も可能となります。

乱視の回復

老化による乱視の場合、生活習慣の改善等によって症状の回復がみられるものもあります。

40代を過ぎると、体のあちこちで少しずつ老化が始まります。乱視の場合も、若い頃は気にならなかったのに、脳や水晶体の調整作用が衰えることによって見え方がぼやけてくるという人も多いようです。

そのような乱視は、血液の状態を改善することで回復することがあります。食のバランスを良くし、塩分・糖分を控える、ビタミンEやDHAの摂取を心がける、適度な運動を行う等、生活習慣の改善によって老化による乱視の改善に努めましょう。

手術による治療

手術による乱視の治療方法

ほとんどの乱視の治療は、メガネやコンタクトレンズによる矯正で行いますが、手術によって矯正する方法もあります。いわゆる「視力回復手術」には、レーシック手術と、フェイキックILOがあります。

レーシック手術は現在広く行われている視力回復手術です。角膜をレーザーで削ることでピントを調節します。術後は視界が良くなりますが、夜に光が乱反射して見えるという副作用が出ることがあるため注意しましょう。

それに対して、白内障手術の方法を取り入れた新しい視力回復手術がフェイキックILOです。角膜と水晶体の間に眼内レンズを入れることで視力を回復する手術で、副作用の心配が少ない方法です。

まとめ

今回は、乱視の原因と見え方、検査・治療方法についてご紹介しました。

乱視を放置していると、常にピントを合わせようとして目の筋肉や視神経に負担がかかり、肩こりや頭痛などの症状につながることもあります。

ものがぼやけて見えるのが気になったら、最初は眼科に行き、適切な検査と治療を行うようにしましょう。