老眼と遠視・近視(近眼)の違い | 老眼にならない人はいる?

老眼と遠視・近視(近眼)の違い | 老眼にならない人はいる?

老眼と遠視・近視(近眼)の違い | 老眼にならない人はいる?

近視(近眼)、遠視、老眼、いずれも物がぼやけて見える目の不具合ですが、これら3つの違いをはっきり区別できる人は意外と少ないかもしれません。

また、「近視の人は老眼にならない」等といわれることがありますが、本当に老眼にならない人はいるのでしょうか?

今回は、老眼と遠視・近視(近眼)の違いについてまとめます。

ものを見る仕組み

ものを見るときには、外から入る光がまず角膜で屈折して瞳孔に入り、瞳孔から水晶体を通る時に屈折の微調整を行い、硝子体を通って眼底の網膜に像を結びます。

この水晶体での屈折が、ピントの調節です。近くのものを見ようとする時には、水晶体を取り巻く毛様体筋が収縮して水晶体が膨らみ、屈折を強くして近くにピントを合わせます。遠くを見るときはその逆になります。

正視の人は裸眼で網膜にぴったりピントが合いますが、近視(近眼)では網膜の手前でピントが合ってしまい、遠視では網膜より奥でピントが合ってしまいます。また老眼の場合も、網膜にピントが合わなくなります。

ただし、網膜に像が結ばれただけでは見えたことになりません。網膜に結ばれた像の情報を視神経が脳に伝え、脳が正しく認識することで、初めて「見える」ようになるのです。

近視(近眼)の症状と原因

老眼と遠視・近視(近眼)の症状と原因

近視とは、遠くを見た時に目のピントが合わず、ぼやけてしまう症状です。

人は、遠視にセットされた状態で産まれてきます。それが成長とともに近くを見るという経験を重ねることで、水晶体の屈折が強くなっていき、大体生後6ヶ月で近くにピントが合うようになります。

最も多く見られる近視(近眼)は、小学校高学年から高校にかけて近視が進む比較的程度の軽い「学校近視」です。これは近くの見すぎ、自律神経の影響(ストレス)、遺伝などが原因で、屈折が強くなりすぎるものです。ピントが網膜の前に合ってしまうため、近くのものは見えるものの遠くのものはぼやけてしまいます。

遠視の症状と原因

遠視というと、近視の逆で遠くは見えるけれど近くがぼやけてしまうと思われるかもしれませんが、それは間違いです。正確には、遠視では網膜より遠くに像が結ばれピントが合うことがないため、遠くも近くにも焦点が合っていない状態です。

前述したように、人は遠視の状態で産まれ、大体6ヶ月ほどで近くにピントが合わせられるようになります。けれども、中には成長不足が原因で遠視の状態が長く続く子供がいます。また、生まれつき眼球の奥行きが浅いことが原因の遠視もあります。

子供の遠視は成長するにつれて治ることが多いのですが、強い遠視の場合は常にぼやけた状態で無理にものを見ようとするために目が疲れやすくなり、ともすると弱視になっていくこともあるため注意が必要です。

老眼の症状と原因

老眼の症状と原因 老眼にならない人はいる?

加齢に伴って体が衰えていくように、目の老化も始まります。「近くのものがぼやけて見えるようになる」というのが最も分かりやすい老眼の自覚症状です。

老化によってピントを調節する水晶体の弾力がなくなり、水晶体の厚みを調節する毛様体筋が弱くなっていくことが原因で、ピントを調整する範囲が徐々に狭くなっていきます。

老眼にならない人はいる?

近視(近眼)や遠視にならない人はいますが、老眼にならない人はいるのでしょうか?

実は近視の人は、近くを見るときに眼鏡を外せばよく、老眼鏡をかけなくてもすむことがあるため、「老眼にならない人」だと勘違いされることがあります。

けれども、眼鏡を外すという行為自体が目の調整能力の衰えであり、老眼に他なりません。年を取らない人がいないように、老眼にならない人はいないのです。

まとめ

今回は、老眼と遠視・近視(近眼)の違いについてご紹介しました。

いずれも、適切な視力矯正を行わずに無理にピントを合わせようとしていると、目の疲れや頭痛、首や肩のこり等の眼精疲労の症状が現れることがあります。

目の異常を感じる場合には早めに医師に相談して、早めの対策を取るよう心がけましょう。