スマホ老眼の症状と予防対策 | 目のピントが合わない時の注意事項

スマホ老眼の症状と予防対策 | 目のピントが合わない時の注意事項

スマホ老眼の症状と予防対策 | 目のピントが合わない時の注意事項

スマートフォンの急速な普及によって、若い人にも老眼に似た症状が現れる「スマホ老眼」が注目を集めています。

今回は、スマホ老眼の症状と予防対策についてまとめます。

スマホ老眼とは

スマホ老眼とは、スマホの長時間使用による目のピントが合わない老眼のような症状ことをいいます。

スマホを使ったSNSやネットサーフィンを趣味にしていると、プライベートな時間に頻繁にスマホを使用するだけではなく、仕事のちょっとした合間にもスマホを出してチェックを繰り返します。結果、1日に何時間もスマホに釘付けになっている人は珍しくありません。

スマホは近い距離で非常に小さな文字や絵を凝視し続けるため、水晶体の厚みを調整する毛様体筋や目の周りの筋肉が常に緊張を強いられます。すると、スマホを観る距離にピントが固定されてしまい、それ以外の距離では目のピントが合わないでぼやけてしまうスマホ老眼の症状が現れます。

老眼は40代半ばから自覚されることの多い目の老化現象ですが、スマホ老眼は、20代〜30代の若者にも起こることが特徴です。また、老眼と違い一時的な症状なので「たいしたことがない」と軽視されがちですが、そうした状態を放置していると視力の低下にもつながりますので、注意して対策をとることが大切です。

スマホ老眼の予防と対策

目のピントが合わないスマホ老眼の症状と予防対策

スマホの使用時間を減らすことがスマホ老眼にとって最も効果的な予防と対策になることは言うまでもありませんが、なかなかスマホを手放すことは難しいでしょう。けれども、大切な目のためです。こまめに休憩の時間を設けるなどして、意識して目の負担を減らすようにしましょう。

スマホと目との距離を離す

スマホの画面はできるだけ離して見るようにしましょう。

目とスマホの距離は、40cm以上離すことが推奨されています。20〜30cmで使っていると、目のピントが合わないスマホ老眼の危険が高まります。

画面設定で目の負担を軽減する

画面の明るさを適度に調整する、画面のコントラストを強くし過ぎない、文字を大きめにするなど、できるだけ目の負担を少なくするように注意して使いましょう。

就寝前のスマホを控える

就寝直前、ベッドに入ってからスマホを長時間使用しているという人も多いのではないでしょうか。

就寝直前にスマホ画面から発せられるブルーライトを眺め続けると、スムーズに睡眠に入ることができず、睡眠の質を下げる原因になります。少なくとも就寝20分前以降は、画面を見ないよう心がけましょう。

眼精疲労やドライアイの原因にも

目のピントが合わないスマホ老眼の人は常に目を酷使しているため、眼精疲労やドライアイになる可能性が高く、若いうちからしっかり目をいたわる習慣をつけることが望まれます。

目の疲れを感じたときの対策としては、下記のようなものがあげられます。

  • 20分に1度は目を画面から離し、遠くを見る
  • 肩や首をまわして、凝りを取る
  • 意識的にまばたきの回数を増やす
  • 温めたタオルなどで目の血行を良くする
  • 点眼薬でうるおいや栄養分を補う

目の疲れやスマホ老眼の症状を感じる人は、普段からこのような対策を積極的に取り入れるようにしましょう。

まとめ

今回は、目のピントが合わないスマホ老眼の予防対策についてご紹介しました。

スマートフォンはたいへん便利なものですが、スマホを長時間使う生活は、今まで人類が経験したことのない目の酷使を私たちに強いています。前例がないため、長年スマホを使い続けた場合に、どれだけ目の状態が変化するのか、誰も分かりません。

将来、目に深刻な影響を及ぼす可能性もあるということに注意して、スマホ老眼等の予防・対策をしっかり行っていくようにしましょう。