ゼアキサンチンとは | 目への効果・効能と含有量の多い食品

ゼアキサンチンとは | 目への効果・効能と含有量の多い食品

ゼアキサンチンとは | 目への効果・効能と含有量の多い食品

ゼアキサンチンは、強力な抗酸化作用を持っており、近年注目を集めている成分です。

今回は、ゼアキサンチンの目への効能と、含有量の多い食品についてご紹介します。

目に良いカロテノイド

自然界に広く分布しているカロテノイドは、赤・黄・橙の色素成分のことで、抗酸化力が強くアンチエイジング効果が高いことで知られています。カロテノイドは600種類ほどが確認されており、人参に含有量の多いβカロテンもその一つです。近年研究が進んだことにより、ルテイン、アスタキサンチン、ゼアキサンチンなどのカロテノイドが発見され、特に目の健康に効果・効能が高い成分として特定されるようになりました。

ゼアキサンチンとは、目の網膜や水晶体、特に黄斑部に多く存在している黄橙色の色素です。黄斑部には網膜の中でも特に視神経が集中しており、ものを見るために大変重要な役割を担っています。ゼアキサンチンは、その黄斑部で抗酸化効果を発揮し、活性酸素から目を守る効能がある成分なのです。

また、ゼアキサンチンは目の網膜や黄斑部の健康を守ることで黄斑変性症を予防し、目の老化を防ぎ、白内障の予防にも効果を発揮するといわれています。

ルテインとの違い

ルテインとゼアキサンチンの効果・効能の違い

ゼアキサンチンは体の中でルテインが変化して作られる成分なので、ルテインと大変似ています。ゼアキサンチンの含有量の多い食品が、ルテインの含有量の多い食品とかなり重なるのもそのためです。

以前は、キサントフィル類のルテインと共存しているカロテノイドとしてルテインの付属成分のように扱われてきましたが、近年ではゼアキサンチンを個別に取り上げての研究も増えてきています。

ルテインが脂と水の両方になじむのに対し、ゼアキサンチンは脂溶性なので、水にはなじみません。また、ルテインもゼアキサンチンも目の黄斑部に多く存在していますが、黄斑の中心部ではゼアキサンチンの割合が高く、黄斑の周辺部にルテインの割合が高いことが分かっています。そのことから、ゼアキサンチンの方がルテインよりも黄斑部の働きを守る効果・効能が高いと考えられています。

また、ゼアキサンチンは、ルテインとは結合しない特殊なタンパク質と結合することで、加齢が原因の目のトラブルに効果が高いことが分かっています。

ゼアキサンチンの摂り方

ゼアキサンチンの効果・効能と摂取方法

ゼアキサンチンの含有量が特に多い食品としては、パプリカ、ほうれん草、とうもろこし、ブロッコリーなどの緑黄色野菜や、パパイヤ、マンゴーなどの黄色い果物が挙げられます。

意外なところでは、漢方薬として知られる赤いクコの実にもゼアキサンチンの含有量が非常に多いことが分かっています。また、動物性食品では、卵黄、動物性脂肪、レバーが挙げられます。

中でも、ほうれん草やブロッコリー、卵黄には、ルテインも多く含まれており、目の健康のために積極的に摂りたい食品です。

ゼアキサンチンの一日の摂取量は6mg〜10mgが適当とされています。毎日の食事でパプリカ、緑黄色野菜、卵を意識して積極的に食べるようにしましょう。また、食品で毎日摂るのが大変な場合は、サプリメントで補うのもよいでしょう。

まとめ

今回は、ゼアキサンチンの効果・効能についてご紹介しました。

ゼアキサンチンは抗酸化作用が高く、目によい成分として知られています。加齢による目のトラブルの予防や疲れ目を解消するため、ぜひ積極的に摂取するようにしましょう。